やさしいダーリン・ドット・コムの人生をHAPPYに変えるLOVEマッサージ!!
やさしいダーリン・ドット・コムの
人生をHAPPYに変えるLOVEマッサージ!!

Aromatherapy Essential Oil Massage for Lovers
HOME 実践!LOVEマッサージ

アロマオイルの選び方

マッサージオイル販売

プロフィール

ご挨拶
マッサージと組み合わせて
トラブル解消!
症状別
 
効くツボ一覧
女性に多いトラブルを軽減してくれる
ツボを症状別に紹介します。
マッサージと組み合わせて
ツボ刺激を行えば心身ともに
ハッピーになれるはず!


■毒素を排泄

●万能ツボ
●むくみ
●だるさ・全身の疲れ
●目の疲れ、IT疲労
■こり
●万能ツボ
●肩・首・手や腕のこり
●腰痛・坐骨神経痛
 ギックリ腰

■内臓の不調
●万能ツボ
●便秘
●食欲不振・食べ過ぎ

■女性の悩み
●万能ツボ
●生理痛・生理不順
●偏頭痛
●更年期障害
■ストレス
●万能ツボ
●不眠
●イライラ
●自律神経失調症
■血液の浄化・血行
●万能ツボ
●冷え性
●のぼせ
●高血圧
【姉妹サイト】

やさしいダーリンの
ふたりで乗り切る
PMS
-月経前症候群-
pms.yasashii-darlin.com



更年期は人生の
セカンドステージのはじまり
愛するパートナーと
素敵なスタートをきるために


やさしいダーリンの
夫婦いっしょに考える
更年期障害

kounenki.yasashii-darlin.com/


何気ない毎日がちょっとだけ豊かになる暮らしの知恵
やさしいダーリンのブログ
快適暮らしの知恵袋


お問い合わせ
このサイトへのご意見、ご感想、レポートをお寄せ下さい。


女性に多いトラブル
私たちの愛するパートナーたちは、
男が意外と気がつかないところで
様々な不調や不快な症状を感じています。
ここでは女性に起こりやすいトラブルを
いくつかあげてみました。
あなたのパートナーにも当てはまるものが
あると思います。
しっかり理解してケアしてあげましょう。

月経不順(生理不順)
健康な成人女性の場合、月経周期は28日前後。
25〜30日くらいの範囲なら多少のズレは問題ないのですが、月経のサイクルが
24日以内だったり40日以上だったり、または月経周期自体が不安定な場合を
「月経不順」と呼びます。ホルモンバランスの乱れ、無理なダイエットや急激な肥満、
生活リズムの乱れなどが原因でおこります。月経が3ヶ月以上こない場合は
念のため婦人科に相談すると良いと思います。


月経痛(生理痛)
下腹部の痛みや頭痛、腰痛などの症状が伴います。
原因としては下半身の血行不良、子宮の強い収縮などが考えられ、
また月経中にゆるむはずの骨盤が上手く開かないことも原因となります。
この骨盤の動きが悪くなる要因としては、骨盤自体の問題の他に
腰椎のねじれやこわばり、ストレスなどが考えられます。


※生理中はマッサージを避けた方がいいという説もあるようですが、決してダメではないと思います。
ただ月経量が多い場合、マッサージによって血流が良くなることで月経量が増えたり、
生理中に免疫が低下しやすい人は選んだ精油に対して感作を起こしやすくなったりなどはあるかと思います。
私の彼女は、月経前後は腰回りの筋肉が強張っていたりしますので生理中の不調改善のためにももう
何年もアロママッサージをしていますがいままでトラブルがあったことはなく、むしろ不調が改善されていますから
あまり心配されることはないと思います。ただ、うつぶせの体勢も厳しいという時は、
お腹に生理痛予防にオイル塗布したり、さする程度にしておかれてもよいかと思います。


PMS(月経前症候群)
PMSとは月経開始1〜2週間前からあらわれるイライラ、むくみ、頭痛、腹痛、
乳房の痛み、便秘または下痢、無気力、眠気または不眠、不安感、集中力の低下、
イライラして人に当たり散らすなどの心身の様々な不快な症状の総称。
こうした症状は月経前の女性なら誰しも起こりやすいものですが、
周期的に起こり日常生活に支障をきたすほどの場合、PMSの疑いがあります。
本人がつらい症状を感じているにもかかわらず、PMSと気づかずに
何の対処もしないでいるケースも多くあるようです。

またPMSは周りの家族、友人を巻き込んでしまうことが多く、
パートナーである男性もその対象となることが多いようです。
「やさしいダーリン」ではこのPMSを男性も一緒に考えるサイト

やさしいダーリンのふたりで乗り切るPMS-月経前症候群-
立ち上げています。こちらも覗いてみてください。

だるい・疲れる
だるい・疲れるなどはカラダと心の典型的な不調のサインです。
卵巣機能が低下し、生理不順になったり、生理がこなくなったりすると
体調が悪くなり、冷えや疲れ、うつ状態などがあらわれてきます。
体調低下による疲れには様々な病気が隠れていることもありますから、
まずはカラダの病気をチェックして、原因が分からなければ心のケアをしましょう。

だるい状態を性格や怠け癖などと考えて、カラダと心にムチ打って
頑張ってしまう人もいますが、疲れたという身体のサインを素直に受け取って
無理をしすぎないように、時にはボーッと焦らず心を休めるようにしましょう。


むくみ
排卵後に分泌されるプロゲストロンに水分をため込む働きがあるため、
月経前にむくみの症状がでる女性が多いようです。そもそもむくみとは
血液中の水分が血管の外に押し出され、皮膚の下にたまった状態。
これを慢性化すると、冷え性やセルライトなどを引き起こすこともあります。


冷え性
冷えは月経痛や腰痛、肩こりを引き起こすので早めにケアしましょう。
冷え性の原因としては、ストレスによる自律神経の乱れ、
下半身の筋肉が弱いために血液を心臓に送り返せないことによる末端の血液の滞り。
そのほかに喫煙、ダイエット、偏食なども血液の流れを悪くし、
冷えの原因として考えられます。


便秘
生活のリズムが狂って便意を促す自律神経のバランスが崩れると
腸のぜん動運動が上手くはたらかず、排泄が便秘を引き起こすことがあります。
また月経前にプロゲストロンの分泌が高まると、腸のぜん動運動が弱まり
排泄が滞ることがあります。


ニキビ
大人ニキビの原因は、ストレスによるホルモンバランスの乱れ、不規則な生活、
睡眠不足、便秘、偏食など様々な要因が合わさって起こると考えられます。


頭痛
日常生活に影響を及ぼす片頭痛。これは男性に比べて女性に多く、
その患者数は男性の約4倍と言われています。また、緊張型頭痛でも若干
女性のほうに多くみられます。片頭痛は女性ホルモンと関係が深いと考えられています。
生理と片頭痛に関しては、女性の片頭痛の6割は何らかの形で生理周期と関係があり、
また1割以上は、特に生理のときに起こりやすいと言われています。
かなりの数の女性が生理中に頭痛でつらい思いをしているようです。
マッサージや温めることで筋肉がほぐれ血行がよくなり楽になる「緊張型頭痛」に対して、
血管が拡張して周囲の神経を圧迫することで痛みの生じる「片頭痛」は
温めてはいけないなど、対処法が変わりますので注意しましょう


肩こり
肩こりは、もともと男性より女性に多い症状です。その3大要因といえば
@姿勢の悪さA悪い姿勢をつくる生活環境Bストレスとなります。
特に自分を抑えて極度に我慢をする人、自分をよく見せようと頑張ってしまう人は
常に方やクビに力が入ってしまい首、肩、背中の筋肉の緊張が
慢性化している人もいます。


むくみ、生理痛、PMS、更年期障害など
女性の悩みにオススメのアロマオイルはこちら


■女性の不調。その辛い症状をなくすために
  植物のチカラで心身ともにリラックス

ハーブの心地よい香りを活用したリラクゼーションで、セルフケアをしてみませんか?
ハーブとは、古くからヨーロッパで民間療法として用いられてきた植物。おだやかで
自然な香りを持つハーブには、心や体をリラックスさせ、心身の不調を回復させる不思議な
力があるといわれてきました。ハーブの使い方には、ハーブをお風呂に浮かべたハーブバスや
サシェ、ハーブティなどがあります。中でもハーブティーは有効成分を直接飲むことで
効果的に心と身体をいやすことができます。ふたりでお気に入りのハーブを見つけて、心ゆくまで
リラックスしてみてはいかがでしょうか?

◆おすすめハーブティー 厳選2種◆

生理期における女性の心と体を、物質的・生理的にサポート
らくらくウーマンズティー 20g  1100円
PMS、生理痛の緩和を目的にブレンドしました。更年期障害にお悩みの方 、精神の安定を望んでいる方にも気分が少しブルーな時、ローズヒップやラズベリーリーフ、セージなどのハーブがあなたをやさしく癒します。
らくらくウーマンズティー
生理期における女性の心と体を、物質的・生理的にサポート。
PMS、生理痛の緩和を目的にブレンドしました。更年期障害にお悩みの方 、
精神の安定を望んでいる方にも気分が少しブルーな時、ローズヒップや
ラズベリーリーフ、セージなどのハーブがあなたをやさしく癒してくれます。


【使用ハーブ と期待している効能】

ラズベリーリーフ・・女性ホルモン分泌の促進・生理痛緩和・子宮筋や骨盤筋の調整
セージ     ・・・女性ホルモンの働きを高める・生理不順、生理痛の緩和
サフラワー   ・・・血行促進作用・婦人病に効果的

ハイビスカス  ・・・代謝促進・疲労回復作用・ビタミンC補給
オレンジピール ・・・風味付け・利尿作用
ローズヒップ  ・・・ビタミンC・E・P補給・免疫力アップ・強壮作用
ローズレッド  ・・・ホルモン分泌の促進・リラックス作用



PMSの時でも、すっきりキレイに毎日を自分らしく!

ホルモンバランスティー(20g)  1200円
美容と健康の基本ホルモンバランスを整えます。こころも身体もキレイでいたいすべての女性に!PMS(月経前症候群)、更年期を少しでも快適に過ごしたい、すべての女性に!
ホルモンバランスティー
身も心も常に健康で美しくありたいと心がけている。そんな女性をイメージしました。
年齢を重ねることによりホルモンバランスが崩れ、様々な症状でお悩みの方にもに
おすすめのハーブティー。綺麗に年齢を重ねていく女性のためのブレンドです。
ホッと一息、リラックスティーとしてもおすすめです。

【ホルモンバランスティーに使用ハーブ と期待している効能】
●チェストツリー  ・・・生殖器の強壮・プロゲステロンの分泌促進・PMS緩和
●アンゼリカ    ・・・女性ホルモン調整・婦人病の効果的
イブニングブリムローズ・・・ホルモン調整・PMS緩和・精神安定

ローズレッド   ・・・ホルモン分泌の促進・リラックス作用
カキ茶       ・・・自律神経を整える
クコの実     ・・・気力・体力の衰えに効果的
ハイビスカス   ・・・血行・代謝促進・疲労回復作用・ビタミンC補給
オレンジピール ・・・風味付け・利尿作用
ローズヒップ   ・・・ビタミンC・E・P補給・免疫力アップ・強壮作用
ローズバッズ&ペタルピンク・・・鎮静・強壮作用


○ハーブティ 植物の持つ癒しのパワーを取り入れる
 副作用の心配もない、セルフケアの定番!

古代ギリシャ時代、医学の祖ヒポクラテスの処方に
「ハーブの煮出した液を飲む」というのがあり、
これがハーブティーの起源とも言われています。
ハーブティーとは古くから親しまれてきた薬草茶なのです。
東洋で言う漢方に近いハーブには、多くの有効成分が含まれています。
それぞれのハーブティーがもつ薬理効果はハーブによってさまざまですが、
共通しているのは抗酸化作用です。
食物が消化され体内で代謝が行われる過程で発生するのが活性酸素で、
老化などの原因になるのですが、これを無毒化するような成分が
ハーブにはたくさん含まれているのです。
また、成人病の原因となるコレステロールの排出を助けたり、
便秘などに有効な食物繊維を多く含むこと、ノンカフェインであることも
大きな特徴です。

◆ハーブティーの効果
ハーブティーはその効果により大きく3つに分けられます。

つめは、リラックス効果のあるもの。心身を鎮静させ、緊張をほぐし、
     イライラをしずめ、バランスを取り戻す作用があります。
2つめは、リフレシュ効果のあるもの。
     心と体に活力を与える強壮作用が疲労回復などに役立ちます。
3つめは、体内の毒素を排出するような利尿作用のあるもの。
     新陳代謝を高めることが美と健康につながります。



●サイトマップ





やさしいダーリン・ドット・コム
yasashii-darlin.com
tacobuken@yahoo.co.jp

HOME LOVEマッサージ

アロマオイルの選び方

マッサージオイル販売

プロフィール

ご挨拶